メイク講座

【女装 チーク】女装さんのチークの簡単な塗り方&チークでお顔の形のカバーも!

皆さんこんにちはみのりです!

頬がピンクに染まった女性は見てるだけで可愛く癒されますよね。

女装さんもチークをつかって頬を染めることによって女性らしいふんわりした雰囲気をだすことができます。

今回は女装さんのためのチークの使い方をご紹介します!

チークで頬を色づけして女の子らしい雰囲気に!


女装する際にはやっぱりチークは入れたいものですよね!
頬が赤く染まったかわいらしい女の子・・・。とっても憧れます。

みのりさん
みのりさん
チークを塗るとテンションあがりますね

しかしチークというのはなぜ入れるか知っていますか?
チークというのは本来、顔色が優れないときや体調が悪い時にでも『血色を良く』し、元気な印象にするために付けるものでした。

つまり、チークというのはもともと血色の良いお顔には使わなくても問題ないということになるのです。

ですが、今は血色のカバーだけでなく様々な効果を目的として使用する機会が増えました。

お顔の形のカバーだったり、肌を綺麗にみせたり、あえて濃くチークをのせて印象を操作したりなど。

あと、女装する際にはチークは必ず入れることをオススメします。

男性は顔色がブルー系の方が多いのですが、赤みのある血色のよい雰囲気の方が女性らしく見えるからです!
頬がほんのりピンク色に染まってる女の子は可愛いですよね!

チークを正しく塗って女性らしい雰囲気になりましょう!

うさぼん
うさぼん
俺は毛がピンクだから必要ないな

チークの種類

チークには主に3種類に分けられ、それぞれ効果や見え方が違います!
自分に合ったものをみつけましょう。

パウダーチーク

女装初心者さんは迷わずこのパウダータイプのチークをまずは使いましょう。
名前の通りチークがパウダー状になっていてブラシで肌にのせることによってふんわり女の子らしく仕上がります。

また、基本的にどんなお顔のどんな肌質にもなじみやすくオススメなので最初の一つにはこれを選んでおけば間違いないです!

 

 

クリームチーク

クリーム状のチークになります。

このタイプは粘りがあり肌の内側から発色するようにみえるチークになります。
メイク持ちもよく、発色も良いのですが慣れないうちは塗りむらがでやすいので注意が必要です。
使う場合は、指でとんとん叩き込むように使用するとむらが出にくくオススメです。

 

 

リキッドチーク

液体状のチークで、みずみずしく透明感がでてとても発色のでるチークになります。
発色が良いため、うまく配分を考えないと色がですぎたりしてしまいます。
塗り方は、頬の高い位置にちょんとのせて指やスポンジでのばしていく形がきれいに仕上がります。

 

 

 

女装初心者さんでどれを選んだらいいかわからなかったら迷わずパウダータイプのものを選びましょう!

みのりさん
みのりさん
他のは慣れてきたころに試してみましょう!

チークの塗り方

チークを選んだら次は実際に塗ってみましょう!
チークを塗る基本的な位置は

『黒目の端からまっすぐ降りてきたところと、小鼻と耳を結んだ線が交わったところ』

です!

うさぼん
うさぼん
わからん!

はい!難しいですね(笑)


図にするとこんな感じなのですが、実際すると全然わかりませんよね。

そんなときは簡単!

『ニィーっと笑って頬が一番高い所』

に塗ればOKです。

みのりさん
みのりさん
これなら簡単にできますよね!
うさぼん
うさぼん
これならわかりやすい!

チークの位置でお顔の形をカバー

基本の位置は笑った一番高い所でオッケーなのですが、実はチークにはお顔の形をカバーする効果も期待できるのです!
自分のお顔に合ったチークの位置をいろいろ試してみましょう!

面長さん

面長なお顔の人の場合は、お顔を長く見せないためにチークをまんまるくではなく横長につけます
場所は基本の位置よりも少し下のほうに塗りましょう。
そうすることによって、面長なシャープなお顔からかわいらしいイメージのお顔にすることができます。

丸顔さん

丸顔のお顔の人はどうしてもぽっちゃりとした印象になってしまうのですが、基本の位置よりも少し上の方に塗ることによってシャープな印象のお顔になります。
その時、こめかみに向かってすこし斜めにチークをいれるのがポイントです。

まとめます!

チークは塗るだけで優しいふんわりとした印象になる魔法のアイテムです!

印象を変えるだけでなく、お顔の形のカバーや血色を良くしたり、肌を綺麗にみせる効果もあり女装さんには必須アイテムになります。

ですが、間違った位置に塗ってしまって変な仕上がりになっている女装さんをたまに見かけます。
そんなことがないように正しくチークを塗りましょうね♪

くれぐれもチークの濃いチークお化けにならないように!

ではまた!